おそ松さん

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

投稿日:

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

6つ子の長男・おそ松は、弟たちの個性が強すぎるせいで比較的インパクトが弱いです。

「おそ松さん」公式サイトでは「小学生メンタル」と紹介されているおそ松。

どの辺が小学生のようで、そしてどういった面に長男らしさが出ているのでしょうか?

今回は「おそ松さん」で垣間見るおそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選についてご紹介していきます。

 

1.「おそ松さん」でみられるおそ松の子どもじみた行動4選

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

松野家の長男おそ松は、「ジョジョの奇妙な冒険」の岸辺露伴役などで有名な櫻井孝宏さんが声優を務めています。

6つ子はそれぞれが自由気ままに生きていますが、長男おそ松は特に自分に正直な傾向にあります。

ファンには「中身が『おそ松くん』の時のまま」と言われている彼ですが、一体どの部分に少年らしさがにじみ出ているのでしょう?

それでは、「おそ松さん」でみられるおそ松の子どもじみた行動についてご紹介していきます。

 

①チョロ松に複数の不名誉なあだ名をつけた

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

第13話でチョロ松に「シコ松」「チョロシコスキー」などのあだ名をつけたおそ松。

そのユニークな響きが視聴者にもうけ、この話以降もこれらのあだ名が使われました。

また、おそ松はこれら以外にもチョロ松に不名誉なあだ名をつけています。

  • チェリー松
  • 自家発電三郎
  • ライジングシコースキー
  • シコ野郎  etc.

まわりの人にあだ名をやたらつけるのは小学生男子に多くみられる光景です。

スポンサーリンク

また、下ネタ関連のあだ名ばかりつける点からもおそ松の子どもじみた面が感じられますね。

おそ松は何かとチョロ松と敵対することが多いです。

あだ名をつける行為がチョロ松だけに集中するのはチョロ松と馬が合わないためでしょうか?

 

②自らの欲望に忠実に行動する

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

作中の「ずっとスネかじって生きていたい」「まだ甘えていたい」というセリフに表れているように、おそ松は自分の欲望に非常に正直。

やりたいことはとことん我慢せずにやってしまいます。

第18話の「イヤミレース」では、イヤミが弟たちを殺害したことを「ナイス!」と喜んでいました。

主役の座をキープするためなら、弟たちの命すらどうでもいいのです。

特に目立ったのは金にがめつい点。

ハタ坊の抱える大金に真っ先に飛びついたり、パチンコに行くために弟たちの財布を持って行ってしまったりします。

負けてしまうのにパチンコや競馬などギャンブルにとことん打ち込むところも、子どもっぽさが出ていますね。

 

③無計画で何かをやり出そうとする

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

エスパーニャンコを「トト子ちゃんに会わせてみよう」と言い出したり、イヤミとチビ太がレンタル彼女を始めた際は「申し込もう!」と真っ先に電話しにいくなど、おそ松は何かの言い出しっぺになることが多いです。

また、彼が何かをやろうと言い出す時はたいてい無計画。

後先考えずに物事に飛びつくのもおそ松の子どもじみた面の1つです。

 

④人に対しすぐに手を出してしまう

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

怒りを覚えるとすぐに物を投げたり相手の頭をぶつなど、すぐ手を出すのもおそ松の特徴です。

例えば第22話では、居酒屋でさわぐ6つ子を注意した老人に枝豆の入った器を投げつけました。

スポンサーリンク

ちなみにその老人は「シェー拳」の達人であったため、枝豆は見事にキャッチされてしまいました。

 

2.「おそ松さん」で垣間見るおそ松の兄らしい行動5選

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

おそ松は6人兄弟の長男。

小学生メンタルのまま大人になったとはいえ、時には長男らしい言動をとります。

どのような行動にお兄ちゃんらしさが表れているでしょう?

それでは、「おそ松さん」で垣間見るおそ松の兄らしい行動についてご紹介していきます。

 

①一松にキレるチョロ松を制止した

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

第5話で、行方不明になったエスパーニャンコをみんなで大捜索。

エスパーニャンコを捜す意思を示さない一松にチョロ松は一瞬怒りをあらわにしますが、おそ松はそれを制止し「一松がいいというなら捜さない」と一松の意思を尊重しようとしました。

 

②女の子に振られた十四松の背中を押してあげた

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

親しくなった女の子に告白するも、玉砕した十四松。

その夜の新幹線で彼女は田舎へ帰ってしまうという状況で、おそ松は「会いに行けば?」と笑顔で十四松の背中を押してあげたのです。

そして彼女の元へ向かった十四松を他の兄弟が追いかけようとしますが、おそ松は「ダメ」とストップをかけます。

ここでも兄らしい、大人びた面を見せていますね。

また直後に発した「今日、金ない」という言葉も、兄弟たちを足止めする手段と解釈できます。

 

③必要に応じて兄弟に何かを指示する

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

長男らしく、必要があれば弟たちに指示を出すこともあります。

スポンサーリンク

第4話でチョロ松がトト子ちゃんから見返りがあったことを話さなかった時は十四松に卍固めを命じ、第11話で十四松がサンタを待っていた時は一松にプレゼントを靴下に入れるよう頼んだりしていました。

おそ松は何かと十四松に対し優しい傾向がありますね。

 

④弟たちの前で自分のことを「お兄ちゃん」という

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

おそ松の普段の1人称は「俺」。

エンディングでは「僕」という時もありますね。

しかし第14話で弟全員が風邪で寝込んだ時は「お兄ちゃんが看病してやるよ」と発言するなど、自分のことを「お兄ちゃん」と言うシーンが作中にいくつかみられます。

ささいではありますが、おそ松の兄らしさが出ている場面です。

長男としての自分を主張したいという心理も感じられますね。

 

⑤チョロ松でなくおそ松がツッコミ役になることもある

【おそ松さん】おそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選

6つ子のツッコミ担当は基本的にチョロ松です。

しかし時にはおそ松がツッコミ役になることも。

例えば第22話でトド松が開いた合コンオーディションで一松がズボンを脱いだ際、チョロ松に次いでおそ松がツッコミをしていました。

他にもチョロ松以外の兄弟がツッコミを行うシーンはありますが、おそ松のツッコミ回数はチョロ松の次に多いです。

ツッコミの補佐となって兄弟たちの行動をいましめるのは長男ならではの行動ではないでしょうか?

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は「おそ松さん」で垣間見るおそ松の子どもじみた行動と、兄らしい行動9選についてご紹介しました。

中身が小学生のまま大人になってしまったおそ松は、「おそ松さん」でも20代の割に幼い行動をとっています。

一方で弟思いのお兄ちゃんといえる行動も数多くみられます。

公式サイトで「奇跡のバカ」と称されるおそ松ですが、ところどころに長男らしい要素が盛り込まれていますね。

引き続き、「アニメ都市伝説」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-おそ松さん

Copyright© 【閲覧注意】アニメ・漫画の都市伝説や裏設定を大公開 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.