デスノート

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

投稿日:

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

デスノートシリーズの、悲劇の元凶ともいえるヤバイ存在、それがほかでもないキラ(夜神月)ですね。

デスノートを拾ってしまったが故に、優等生だったキラがどんどん狂っていってしまう様子は、多くのファンを釘付けにしました。

ただ、じつはキラは、デスノートを拾ってしまう前からすでに並外れたプロフィールをもっていたり、狂気を感じるセリフを言っちゃうような人物だったのです。

はたしてキラのプロフィールや名言には、どんなものがあるのか気になりませんか?

ということで、ここではデスノートのキラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選についてご紹介していきます。

 

1.デスノートの、キラの最強すぎる裏プロフィール5つ

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

キラがデスノートを拾ってしまったのは、史上最悪な悲劇だと思えるほどのできごとでした。

なぜなら、キラは普通の男性では無く、最強すぎるプロフィールの持ち主だったからです。

最強すぎるキラと、デスノートとが出会ってしまったことにより、鬼に金棒のような状態になってしまったわけですね。

そんなキラの最強プロフィールを知ったなら、きっと、驚かずには居られないでしょう。

それでは、具体的にデスノートのキラの、最強すぎる裏プロフィール5つとはどんな内容になっているのでしょうか?

 

①デスノートを拾い、本気で神になろうとしていた

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

死神のリュークが、退屈だからというだけの理由で人間界にもたらした、デスノート。

そのデスノートを拾った夜神月は、人の名前や死因を書くだけで人を殺せると知り、自分の理想の人間だけが存在する新世界を創造しようとしました。

スポンサーリンク

デスノートを使って大量殺人を犯しては、キラという偽名を名乗り、世にも恐ろしい殺人鬼になってしまったのです。

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

キラという個人の感性で、理想の人間を選び出し、それ以外の人は殺してしまうなんて本当に恐ろしい計画ですよね!

それでもキラは、自分がやっている殺人は、世のため人のためになる正義だと言って疑わず、どんどんエスカレートしてしまいました。

デスノートの物語が盛り上がってきた頃には、キラはもはや世のため人のためを思っている青年などでは無く、死神よりずっと恐ろしい殺人鬼になり果ててしまったのです。

 

②イケメンで、どんな女性もホレさせることができた

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

キラは、デスノートシリーズの中では数えるほどしか存在しない、公式が認める美形キャラクターです。

そのため、作品内では登場したころから素敵な恋人がいましたし、多くの女性からもモテていました。

外見が良く、普通に過ごしているだけでモテてしまうなんて、本当にうらやましい限りですよね。

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

しかし、さすがはキラとでも言いましょうか、モテていることにあまり喜んでいる様子はなく、むしろ自分ほどのいい男がモテるのは当然!といった様子でした。

このような態度からは、キラの高飛車で自信に満ちあふれた性格が、よくわかりますね。

どんなに外見がよくてモテていても、キラのように、モテて当然と思ってしまうようじゃ、本当のステキなをするのは難しそうです。

 

③文武両道で、全国模試では1位に輝く実力

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

キラあらため、夜神月は、デスノートの作品内で日本一頭がいいとされている東応大学に入学しています!

つまり私たちでいうところの、東大生と同じくらいの頭の良さですね。

しかも、卒業時には成績ナンバーワンで卒業していますし、超難関な司法試験にも一発で合格するという秀才っぷりを見せています!

日本一むずかしい大学を、ナンバーワンで卒業するなんて、最強すぎますよね。

スポンサーリンク

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

しかも、彼の才能はそれだけにとどまらず、中学生の頃にはテニスで全国優勝していたほどの運動神経の持ち主です。

頭の良さも運動神経も日本一で、そしてイケメンである夜神月。

多くの才能に恵まれすぎたがゆえに、プライドが高くて人を見下すようなキャラクターになってしまったのかも知れません。

 

④世界一の天才であるLでさえ、キラを倒せなかった

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

デスノートのファーストシリーズにおいて、何よりも注目されたのが天才キラと、天才Lの戦いの行方ですよね!

理論的で巧妙で、スキのない完璧な戦いを見せたキラと、何を考えているかよくわからず、全てを見抜いているかのようなミステリアスな戦いを見せたL。

ふたりの駆け引きは、読者にも全く展開が読めず、とても楽しませてくれました。

そんなキラとLの戦いは、最終的にキラが生き残るという絶望的な展開に終わりました!

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

Lが先に死んでしまったシーンでは、多くのファンが絶望と、ショックを受けたでしょう。

ところが、ファンたちを楽しませることを考慮してか、原作とアニメと映画ではそれぞれ結末が異なります。

気になるという方は、ぜひ、すべてのデスノートシリーズのエンディングを、その目で見届けてみてくださいね。

 

⑤奇想天外なアイデアで人を殺す、サイコパスである

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

デスノートを手にして、大量殺人をエスカレートさせていったキラ。

そんなキラは、普通の人では決して思いつかなそうなほどヤバイ手口で、たくさんの奇想天外な殺人を犯しています。

しかも、キラはアリバイ工作や、被害者としての演技がビックリするほどうまいんですよね。

スポンサーリンク

キラが犯した信じられないほどヤバイ殺人は、もはやサイコパスとしか思えないようなものばかりです。

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

たとえば、自分の信じている歪んだ正義のためなら、愛してくれていた恋人も殺しますし、家族さえも殺しても良いと言っています。

どんなに達成したい目標があっても、恋人や家族を殺そうなんて、普通は絶対に考えませんよね?

それに、自分が殺した人物にもかかわらず、その死を心から悲しんでいるかのような演技が非常にうまく、役者級と言っても過言ではありません。

心から愛していたキラに殺されてしまった恋人を思うと、とても可哀想で悲しいですね。

 

2.デスノートの、キラの狂気の名言5つ

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

最強の殺人鬼であるキラは、デスノートに登場するキャラクターの中で最も狂気と言える名言を残しています!

キラの名言には、あまりにもインパクトがあるため、いまでも多くのファンが忘れずに覚えているほどです。

ぜひ、デスノート史上もっとも狂気にみちている、キラの名言の数々を楽しみながら、デスノートシリーズをお楽しみくださいね♪

それでは具体的に、デスノートのキラの狂気の名言5つとはどのようなものなのでしょうか?

 

①「お前が今めのまえにしているのはキラだが 新世界の神だ」

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

文字どおり、姿を見られてしまい、キラが夜神月とバレたときのセリフです。

もはやこのときの夜神月は、完全に歪んだ正義に心をむしばまれてしまい、キラと言う名の新世界の神として立っていました。

ここまできてしまうと、もう自分も一人の普通のだったということを、忘れてしまっているのでしょう。

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

はっきり言って、どんなに優れた人でも「自分は新世界の神だ」なんて言っていたら、ただの狂気としか思えませんよね。

正義の名のもとに、人助けをしていたつもりの青年が、まさかこんな悪魔のような殺人鬼になってしまうなんて、驚かずにはいられません。

おそるべしデスノートの力、と言いたくなっちゃいますね。

 

②「世の中に知らしめるんだ 僕の存在を 正義の裁きをくだす者がいるって事を!!」

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

このセリフもまた、キラの狂気の名言として、とても有名なセリフになります。

しかし、このセリフから分かるのは、キラは正義のためと言って人殺しをしているように見えて、実は自分の栄光のために人殺しをしているということです。

本当に人のため正義のためと思っているなら、世界さえ幸せになってくれれば、別に自分自身の存在なんて知られなくても大丈夫と感じるのではないでしょうか?

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

たとえば、心から子供を愛している親が「どう?子供のためにこんなに素晴らしいご飯を作ったのよ!すごいでしょ?もっと褒めて」なんて言いふらしませんよね。

本当に子供を第一に考えてる親なら、子供が笑顔で幸せなら、それで自分も幸せだと思えるでしょう。

つまり、このセリフを言ったキラは、結局自分が人々から褒め称えられたくて、正義の味方を気取っているのかも知れません。

 

③「器用さなんて関係ないよ、器用より器量だ。もしかしてリューク もてないの?」

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

デスノートのなかで、異性からモテモテなキラ様の、ありがたいアドバイスです。

実際に、モテるためには器用さなんて関係なくて、器量が大切なのかどうかは、ぜひ女性ファンたちの意見を聞いてみたいところですね。

こちらのセリフの、器用より器量だという部分は、モテる男になるための参考になる良い名言かもしれません。

しかし問題は、サラッと、死神のリュークに対してモテないのかと尋ねている点です。

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

リュークのような死神に、モテないのかモテるのか尋ねるような、狂気的なことを言うのは世界中でキラだけでしょう。

おそらく、この質問には私たち視聴者よりも、リューク本人がビックリしたに違いありません。

そもそも、死神に、モテるもモテないもあるのか?ということもかなり疑問です。

 

④「ふっ 女なんて簡単なもんだ」

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

全世界の女性デスノートファンを敵に回した、キラのおそろしすぎる名言になります。

たとえ本当にそう思っていても、口に出して言わない方がいいことって、有りますよね。

ソレが全くわかっていないかのような、キラの狂気の名言です。

普段は並外れた秀才のキラですが、こういうことを平気で言ってしまって、周りの人の反感を買ってしまう点では、ちょっぴりバカなのかもしれません。

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

綺麗なバラにはトゲがあると言いますが、美形のキラにはクセがあるとでも言いたくなるようなひどい名言ですね。

こんなキラのような男性がいると、女性陣の多くが恋人にしたい男性は内面を重視して選ぶ、と主張するのも納得です。

 

⑤「突き詰めれば人が幸せになるのに 害のある者かない者か…生きるに値するか しない者か…」

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

この名言を言った時のキラは、もう完全に神様となっている気分なのでしょう!

キラのいう「害のある者」や「生きるに値する」というのが、いったいどんな基準なのか、他人は知るよしもありませんよね。

それなのに、自分の知らないところでいつのまにかキラの思う基準から外れ、いつのまにかデスノートで殺されてしまうと考えると、ゾッとしてしまいませんか?

【デスノート】キラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選

キラがどれだけ天才で完璧主義だろうと、キラがやっていることはただの自己満足にすぎません。

それに気づけないで、ひたすら殺人を繰り返してしまうキラは、本当に罪深い人物だと言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、デスノートのキラの最強すぎる裏プロフィールと、狂気の名言10選についてご紹介させていただきました。

ただひとりの人間として生まれたはずの夜神月が、キラとしてになろうとしていたり、女性のことを見下していたり本当に衝撃的なプロフィールでしたね。

自分で自分のことを神であるといってしまうあたり、多くの方が、狂気を感じたでしょう。

ぜひ、デスノートシリーズをたのしむ時には、キラの狂気に満ちた行動にご注目ください!

引き続き、「アニメ都市伝説」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-デスノート

Copyright© 【閲覧注意】アニメ・漫画の都市伝説や裏設定を大公開 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.