デスノート

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

投稿日:

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

デスノートに登場するヒロイン、それが弥海砂(あまねみさ)、通称ミサです。

作中でのミサは売れっ子のタレントで、とっても美しい女の子ですね。

しかし、ミサにはそんな美しい見た目からは想像もつかない、狂気じみた面がたくさんあるんです!

ミサの本当のすがたを知ったら、きっと貴方も、びっくりせずにはいられません。

ということで、ここではデスノートのミサの、狂気的な行動とぶっ飛んだ名言10選についてご紹介していきます。

 

1.デスノートのミサの、狂気的な行動

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

デスノートの登場キャラクターのなかでも、いちばん可愛らしいミサですが、彼女の行動はびっくり仰天せずにはいられないものばかりです!

時には、ミサの行動や言動に、狂気すら感じてしまうこともあるでしょう。

こんなに可愛い顔をして、いったいどんな狂気的な行動や言動をするのか、とても気になりますね。

それでは、具体的にデスノートのミサの、狂気的な行動とはどういった行動なのでしょうか?

 

①キラを異常なほどに愛し、崇拝している

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

ミサといえば、救世主とさえ言われたナゾの殺人鬼キラを、心から崇拝していることで有名ですね。

というのも、ミサは過去に、強盗に両親を殺されてしまうという最悪な体験をしています。

そして、その犯人との裁判で不利になっていて、困っているときに、キラが犯人を殺してくれたのです。

スポンサーリンク

そういったことがあって、ミサはキラのことを愛して崇拝するようになりました。

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

殺人はいけないことですが、自分の両親を殺した人が無実になってしまいそうな瞬間に、キラが助けてくれたともなればしてしまうのも仕方ないかもしれませんね。

どちらかというとミサは、キラと運命的な出会いを果たす前までは、内面的にはふつうの女の子でした。

でもキラを愛するようになってから、だんだんと狂気的な面が見え始めてしまうのです。

女の人は恋をすると変わる、と言いますが、ミサを見ているとまさにその通りだということがわかります。

 

②水着や下着姿になることに、抵抗がない

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

ミサは、ふつうの女の子にはだいたい備わっている、羞恥心のような感情がとても乏しいキャラクターになっています。

どんなに体に自信があったとしても、大人気な芸能人だとしても、ハダカに近い服装などをさせられるともなれば、少しは恥ずかしく思うのではないでしょうか?

しかし、ミサは、淡々と「ヌードにはなりませんが水着や下着姿までならOKです」と言ってのけます。

そもそも、普段のミサの衣装も基本的に肩や胸元が大きくあいていてたり、超ミニスカートだったりと露出が多めになっていましたね。

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

作品内でのミサは、自分自身の体が、タレントや女性として色々な人から興味を抱かれることに対して、あまり抵抗がないように思えます。

はたしてこれはミサのメンタルの強さなのか、それとも元々、性的に見られることに嫌悪感がないのかは不明ですが、やはりミサは他の人とはどこか違いますね。

 

③殺人や犯罪をしたことに対する罪悪感が、ほとんどない

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

これは主に、キラと出会い、キラに恋してしまった後のミサに言える特徴です。

キラと出会ってからというもの、ミサはキラのためなら人を殺すことも騙すことも平気になってしまったのです。

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

スポンサーリンク

その証拠に、キラ(ライト)がピンチにさらされてしまったときには、第二のキラという存在になりきって人殺しを続けました。

先ほどご紹介したように、ミサはキラのためなら身も心もささげられるほど、キラのことを愛していますから、キラのためと言って人を殺すこともなんともないのでしょう。

いくらキラのことを愛していたとしても、彼のために人を殺すことも平気だなんて、本当に狂気的な愛ですね。

 

④周りの人もびっくりなほど、品性に欠けている

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

とても美人で、一見するとおしとやかで大人っぽいイメージがあるミサ。

でもじつは、ミサはどちらかというとかなり子供っぽくて、下品な行動や言動を平気でやってしまうタイプの女の子なのです。

たとえば、人と会食しているシーンではワインのビンをラッパ飲みしてみせたり、あまりにも行儀が悪すぎて仕事の打ち合わせ中に怒られたりしています。

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

しかも、普段は本人も女の子らしい言葉遣いを心がけているようにみえますが、怒ったり感情がこらえられなくなると、とても汚い言葉を使うこともありますね。

あまりにも、普段と怒った時との雰囲気が違いすぎるため、ファンからはミサは心を病んでいるのではないか?と言われてしまっているのです。

情緒が不安定だったり、うつろな目をしたり、ミサの心が病んでいるような描写は作品にたくさん登場します。

もし気になるという方は、ミサの細かな表情の変化にもご注目ください!

 

⑤レムと、死神の目の契約をしている

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

ミサの最大の特徴として、死神のレムと死神の目の契約を交わしているということが挙げられます。

この死神の目というのが、なかなかスゴい能力で、他人の名前と寿命をみることができてしまいます。

でも、いくら死神の目を使うことができるといっても、ふつうなら死神と契約したりはしませんよね。

それにもかかわらず、ミサはあっさりレムと契約を交わしてしまいました。

スポンサーリンク

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

このように、死神と契約を交わしてしまったという時点で、かなり狂気的ですよね!

しかもミサは、レムの死神の目のほかに、また別の死神のデスノートも所持しています。

本当なら、ミサの知能さえ高ければ、キラなんてとっくに超えてしまうくらい最強の人殺しになれちゃうレベルです。

ミサの知能があまり高くなくて、本当に良かったことでしょう。

 

2.デスノートのミサの、ぶっ飛んだ名言

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

デスノートの作品内で、売れっ子タレントアイドルとして人気のあるミサ。

こんなに可愛い容姿をしていれば、売れっ子タレントとして活躍できるのも納得ですよね。

しかし、そんなミサの口からは、アイドルもびっくりしちゃうほどアイドルらしい言葉や、アイドルが引いてしまうほどアイドルらしからぬ言葉がとび出します。

さて、はたしてデスノートのミサの、ぶっ飛んだ名言とはどのような名言になっているのでしょうか?

 

①「アイドルうんちしないもん」

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

この発言には、全世界のアイドルさんたちもビックリしてしまったことでしょう。

でも、さすがはミサ、本気でこのように思っているようです。

やっぱりミサは他のアイドルと比べても、かなりぶっ飛んでいる女の子ですよね!

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

でも、こういった発言をさらっとするミサからは、アイドルとしてのプロ意識を感じます。

作中のミサの言動に注目していただければよくわかるのですが、ミサはただ可愛いだけのアイドルではありません。

ミサ自身、アイドルとしてかなりプロ意識を持っていて、ストイックに頑張っているキャラクターなのです。

こういったストイックな姿勢が、男性ファンだけでなく、多くの女性ファンからミサが好かれている理由のひとつになっているのでしょう。

 

②「またミサのおしっこしてる所見れるよ。楽しくない?」

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

深く解説しなくても、いかにこのセリフがぶっ飛んでいるかは、おわかりいただけるかと思います。

このセリフは、ミサがLに拘束されてしまったときに、逃げたくて叫んだ言葉です。

拘束を解いて、トイレに行かせてくれたらミサがトイレをしているところを見られるから、楽しいでしょう?という意味で言ったセリフになります。

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

拘束されていて、なんとか拘束を解いてもらおうと言ったセリフですから仕方ない気もしますが、それにしてもとてもインパクトのある名言ですよね。

いつものアイドル中のアイドルといえるような雰囲気のミサから、こんな名言が飛び出したときには、かなり多くのファンがびっくりしたのではないでしょうか?

 

③「今死んでも幸せ…若くキレイなうちに……… 殺して…」

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

これもまた、ミサが拘束されているときに、言い放った名言です。

たいていの人は、できるだけ長く生きたいと願うのが本能ですし、普通のことですね。

でも、やはりミサだけは普通の人とは違います。

若くて美しいうちに死ねた方が、幸せだから殺してほしいと言っていました。

このシーンは拘束されていることもあって、とても迫力のあるシーンになっています。

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

若くて美しいうちに死ねたら幸せだといって、死への恐怖をあまり感じていなさそうなミサのこのセリフは本当にぶっ飛んでいたし、ミサの心の闇も感じられましたね。

そんなミサの心の闇にゾッとすると同時に、美しいまま死にたいという、はかない乙女心に感動させられるような名言になっています。

 

④「ミサ 月の為なら 喜んで死ねる」

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

夜神月が演じるキラに、心から愛を捧げているミサ。

このセリフは、そんなミサの数ある名言のうち最も有名な名言といえるでしょう。

愛し合うカップルの定番のセリフのような言葉ですが、ミサの場合、ただの愛情表現というわけではなくて、マジです。

キラが死ぬか、キラのかわりにミサが死ぬか選べといわれたなら、まちがいなくミサはを差し出す方を選ぶはずです。

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

まさにミサのキラへの想いは、捨て身の愛ですし、ぶっ飛んでいるということがわかりますね。

でも、このように健気でいちずなミサの恋を、なんだか応援したくなっちゃうファンが続出しているのも事実です!

男性ファンからは、とても可愛いミサに、ここまで愛されているキラが羨ましいという声も挙がっています♪

 

⑤「素敵な殺し方。」

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

これは、ミサが死神の殺し方について聞いたときに言った名言です。

死神を殺すには、死神を人間に恋させればいいという方法があります。

たしかに、なんだかロマンチックですね。

でも、ミサがとっさに素敵な死に方と言わず、素敵な殺し方と言ってしまっているあたりに、とても危険な香りがします。

【デスノート】ミサの狂気的な行動と、ぶっ飛んだ名言10選

素敵な殺し方と言っている時点で、ミサ自身も無意識のうちに「殺す側」を意識しているのだと考えられます。

可愛い顔をして、さらりと殺す側としての発言をしてしまうミサ、やっぱりぶっ飛んでいます!

確信犯で殺人者となっているキラよりも、ある意味、無意識で殺す側にまわってしまうミサの方が何倍もおそろしいかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、デスノートのミサの、狂気的な行動とぶっ飛んだ名言10選についてお伝えさせていただきました!

殺人に対する罪悪感がほとんどなかったり、精神的に病んでたり、ミサには狂気的な面がたくさんありましたね。

デスノートのストーリーは、ミサという、華やかでキケンな存在があるからこそ、ここまで面白くて人気のあるお話になっているのでしょう♪

引き続き、「アニメ都市伝説」をご紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-デスノート

Copyright© 【閲覧注意】アニメ・漫画の都市伝説や裏設定を大公開 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.